東野圭吾

東野圭吾「手紙」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
手紙 手紙
東野 圭吾

文藝春秋 2006-10
売り上げランキング : 36
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

映画は今、公開されているのかな。
映画を見ても良かったのだけれど、東野さんの本は好きなので、本の方を選んでみた。山田くんと玉山くんもいいんだけどね。
ストーリーは、弟の学費を手に入れるために思い詰めた兄が強盗に入り、誤ってその家のおばあさんを殺してしまい、そのために弟は社会から差別を受け、苦しむという話。
刑務所に入った兄からは、一ヶ月に一回しか出せないという手紙が、毎月届く。その手紙と、手紙に象徴される兄との関係の扱い方に迷い、苦しみ続ける弟が主人公。
ものすごく分かりやすく、残酷な差別やいやがらせをされるさけでもなく、ただ人に距離を置かれ、常に特別扱いされてしまう主人公の生活の描写は、まったくドラマチックではなく、とてもリアルな重さで迫ってきて、だから読むのが少し苦しくもなったけれど、それが東野さんの力量なのだろうなという気がして。
数ヶ月前に感想を書いた「時生」も良かったけれど、あれはデビューしてすぐくらいの作品だったから、それから何年も経って書いたはずのこの作品は、ますますこなれ、完成されていた。
とても難しくデリケートな問題で、結局答えなどないのだとは思うし、作者もそう認めてはいるのだけれど、「答えはない」というところに安易に逃げたりはせず、作者の考えがきちんと明示されているように読み取れるところが良かった。
救われない話ではあるけれど、最後は少しだけ温かさも感じられた。
これくらいの作品が書ける力が欲しいなぁ~。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る