その他 エンタメ

三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫) まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

文藝春秋 2009-01-09
売り上げランキング : 1125
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

少し前(2006年)の直木賞受賞作。

最近三浦さんの名前もよく見かけるので、気になってはいたけれど、読んだのは初めて。

とてもしっかりとした世界観があって、世界にちゃんと浸れる作品だった。
ときどき「うわぁ、なんて上手いんだろう」と思える作品というのがあるけれど、三浦さんの上手さは、「上手い」とも意識させない、さりげない上手さの気がする。
本当にリアリティのある上質な作品は、その作り手の技量になど目が向かないくらいしっかりと完成され、そこで完結しているものなのかもしれない、などと思わせるような……。

主人公も、主人公にくっついてくる主人公の同級生も、なんだか危なっかしくて、どこかまともじゃないのだけれど、非常に「愛すべきキャラクター」になっている。

この作品の魅力は、そういった「登場人物」と、そして「まほろ市」という架空の(でも舞台になっている町は明らかにある)場所の魅力なのだろうな。

小さな事件が起こり、1章でひとつずつ解決していっているような、解決せず、すべてがそのまま主人公の背中に乗っかってきているような、不思議な連続感も良かった。

三浦さんのほかの作品も読んでみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る