映画(あ行)

「あの日、欲望の大地で」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「バベル」などの脚本を書いた人が初監督した作品ということで見てきた。

「バベル」もよく分からなかったけれど、こちらの映画も、「上質な芸術作品」ではあるけれど、ちょっと難解だったかな。

小説だったら「エンターテイメント」ではなく「純文学」にカテゴライズされるような作品。

三世代の女性の話、というように宣伝では言われていたけれど、あくまで主人公の女性の心理を描きつくした作品、だと思う。

インパクトあるタイトルとは違い、出来事としては色々大きな事故など起こるのだけれど、描き方は淡々としている。

ストーリーをまとめると、「母親が浮気をしているときに火災事故が起こり、亡くなってしまう。そのあと、母親の浮気相手の男性の息子が訪ねてくる。そして……」というような感じかな。

母親の気持ちも、主人公の女性の気持ちも、非常に丁寧に描き出されていて、好感が持てた。

本当に質は高い。
ただ、個人的に好きかと聞かれると、好きではなかった。

過去に引きずられて、被害者のように生きている女性の生き方に共感できなかった、というのが多分、その理由。

あと、タイトル。原題の「THE BURNING PLAIN」は確かに分かりづらいかもしれないけれど、この邦題はちょっと違う気がした。テーマはそこにはないだろう、と。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る