レビュー

遊部香が触れた 小説・映画・美術 についての感想。

美術

STARS展 感想

森美術館で行われている「STARS展」に行ってきた。 草間彌生 李禹煥 宮島達男 村上 隆 奈良美智 杉本博司 という、どこかの美術館で必ず一度は出会っているような、現代日本美術を代表する作家6人の展示が見られる贅沢な内 […]

美術

サンドラ・シント「コズミック・ガーデン」展

週末、銀座メゾンエルメスフォーラムで行われていた サンドラ・シント「コズミック・ガーデン」に行ってきた。   エルメスフォーラム エルメスフォーラムというのは、エルメスの店舗の8階にあるギャラリーで、無料で入れる。 エル […]

映画(か行)

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」

沼田まほかるさんの同名小説の映画化。 小説は読んでいないのだけれど、過去に沼田まほかるさんの小説を読んだときに感じた世界の感触と、映画を見ているときに感じたものは似ていたから、かなり忠実に原作世界を表現したものだと思う。 […]

その他 エンタメ

恩田陸『祝祭と予感』

直木賞と本屋大賞のW受賞を果たした『蜜蜂と遠雷』のスピンオフ短編集。 あくまで「スピンオフ」。続編ではない。……ということが分かっていたら、買わなかったかも(私の予備知識不足)。   『蜜蜂と遠雷』自体も評価が分かれてい […]

映画(か行)

映画「カノン」

Amazon Prime Videoで「4.5」以上の評価を探して見つけた映画。公開時は全然知らなかったな。 前回投稿した「恋は雨上がりのように」やその前に投稿した「WOOD JOB」とは違い、かなりシリアスな人間ドラマ […]

映画(か行)

映画「恋は雨上がりのように」

こちらもAmazonで高評価(4.6)だった作品。 あまり恋愛ものは見ないのだけど、これは本当、良かった! 恋愛ものが苦手なのは、うじうじ、もやもやな感じとか、進んだと思ったら戻るみたいなもどかしさがあまり好きでないから […]

それ以外の本

レイチェル・カーソン「センス・オブ・ワンダー」

以前からタイトルだけは聞いて知っていたのだけれど、図書館のお薦め本コーナーで見つけ、初めて読んでみた。 作家で海洋生物学者であるレイチェル・カーソンのエッセイ集。 レイチェル・カーソンは『沈黙の春』という環境破壊に警鐘を […]

映画(あ行)

「1917 命をかけた伝令」

珍しく戦争映画を見た。 前編ワンカット?! 「全編ワンカット」が売りの映画なのだけれど、レビューサイトのコメントを見ると、「ワンカット」でないことはバレバレ(笑) 一番の売り文句が“広告に偽りあり”なのは、ちょっと残念な […]