小説レビュー

その他ミステリー

中山七里「護られなかった者たちへ」

映画化もされたミステリー。 「生活保護」など社会保障は、本当に弱者を救えているのかを問う骨太な作品。   ミステリーは手段か目的か ミステリー界の大御所・東野圭吾さんが以前、 「初期作品のような、殺人 ...

瀬尾まいこ

瀬尾まいこ「夜明けのすべて」

2022/11/16    

久しぶりに瀬尾さんの本を読んだ。 瀬尾さんの本は、絶対裏切らない爽やかさとあたたかさがあって、好きだ。 しんどい読書に疲れたとき、現実がハードなときなどに、“ちょっとほんわかしたものを読みたい”と思っ ...

その他 エンタメ

青山美智子「赤と青とエスキース」

2022/11/4    

本屋大賞2位だったという本。 青山美智子さんという作家を初めて知ったけれど、いい本だった。楽しめた。 構成や最後のちょっとしたどんでん返しみたいなものもいいけれど、ただ描き出す世界が好きだな、と。   ...

町田そのこ

町田そのこ「宙ごはん」

2022/11/4    

町田そのこさんの最新刊。 以前から上手かったけれど、最新刊はさらに研ぎ澄まされているなと感じた。 とても緻密に作りこまれている。 久しぶりに、「すごいなぁ」と感じたあと、「それに比べて、私は……」と落 ...

その他 エンタメ

安壇美緒「ラブカは静かに弓を持つ」

2022/10/24    ,

小説すばる新人賞でデビューした作家の3作目の小説。 この本自体は特に賞を獲ったわけでもなさそうだけれど、「王様のブランチ」で紹介されたり、口コミで話題になり、重版を重ねているとか。 そういう広がり方も ...

その他 純文学

高瀬隼子「おいしいごはんが食べられますように」

2022/9/29    ,

2022年前半の第167回芥川賞受賞作。 芥川賞受賞作の半分くらいは、文体から読みづらかったり、特異な世界観に入っていけなかったりで、途中で挫折する💦 それに比べると、この本はとても読 ...

その他 エンタメ

馳 星周「少年と犬」

2022/9/18    ,

2020上半期の直木賞に選ばれた本。 6つの連作短編集。   硬派なしっかりとした読み応えの本 タイトルから、ほのぼのとした内容を期待して読み始めたのだけれど、最初のイメージとは大分違った。 なんとい ...

その他 エンタメ

小野寺史宜「ひと」

2022/9/12    

2019年「本屋大賞」で2位になった作品らしい。 いっとき本屋でポップつきで平積みされているのをよく見かけたのだけれど、今更ながら読んでみた。   感想は難しい 感想は……難しいなぁ。   悪くはない ...

その他 エンタメ

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」

推理小説系の賞を総なめにした本 wikipedeiaによると 第57回日本推理作家協会賞受賞第4回本格ミステリ大賞受賞このミステリーがすごい! 2004年版第1位本格ミステリベスト10 2004年版第 ...

その他 エンタメ

砥上裕將『線は、僕を描く』

Amazonさんにお薦めされ、何気なくkindleでサンプルを読み始めたら、先が気になってしまい、読み始めた本。 第59回メフィスト賞を受賞し、「王様のブランチ」に取り上げられて話題になり、本屋大賞に ...

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5