映画化

平野啓一郎

平野啓一郎「マチネの終わりに」

映画化もされているけれど、私は本で読んでみた。 ジャンル分けをすれば「恋愛小説」  天才クラッシックギタリスト(男性)と国際ジャーナリスト(女性)。“様々なことを経験し、社会での地位も確立してきた40代”の出会い、恋愛、 […]

その他 純文学

宮下奈都「羊と鋼の森」:ピアノ調律師の仕事

遅ればせながら、「羊と鋼の森」を読みました。 話題になった本なので気になっていたのですが、2016年の本屋大賞受賞作だったのですね。 私は2017年本屋大賞受賞作の「蜜蜂と遠雷」から読んでしまいましたが、「蜜蜂と遠雷」を […]

その他 エンタメ

恩田陸『蜜蜂と遠雷』

今年の本屋大賞を受賞した恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を読んだ。 先に本屋大賞第2位(森絵都さんの『みかづき』)を読み、「これが2位なんて!(1位じゃないの?!)」と思ったのだけれど、『蜜蜂と遠雷』を読んで、納得。 『みかづ […]

その他 純文学

桜葉一樹「私の男」

随分前から、読まないまま本棚に眠っていた本。でも、今年春の大片づけのときに捨てようかどうか迷ったあと、「残したのだから、読もう」と意を決して開いた本。 でも、これが、良かった。 近親相姦の話という前情報だけあったから、「 […]

その他 エンタメ

百田尚樹「永遠の0」

ベストセラーには訳がある    10日ほど前に本を読み終え、今日、映画を見てきました。  どちらも、それぞれ良かった!    原作も映画も両方いいというのは、なかなかないけれど、「永遠の0」の場合は、 […]

その他 エンタメ

朝井 リョウ「何者」

何者朝井 リョウ 新潮社 2012-11-30売り上げランキング : 293 Amazonで詳しく見る by G-Tools ★現役世代が語る就活のリアル★  半年前の直木賞受賞作を読んだ。 作者の浅井リョウさんは、小説 […]

その他 エンタメ

宮本輝「優駿」

★やっぱり宮本輝は別格!★ 久しぶりに宮本輝の作品を読んだ。「優駿」は20歳前後の頃に読んだと思うので、約20年ぶりの再会。 20年経って読み直すと、より、宮本輝という作家の筆力、構成力とか、人間観察の鋭さが感じられる。 […]

その他 エンタメ

三浦 しをん「舟を編む」

舟を編む三浦 しをん 光文社 2011-09-17売り上げランキング : 630 Amazonで詳しく見る by G-Tools  昨年の本屋大賞受賞作。 一言で説明すると、辞書を作る人たちの話。 多分かなり取材をしてい […]

その他 エンタメ

朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」

桐島、部活やめるってよ朝井 リョウ 集英社 2010-02-05売り上げランキング : 3745おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 去年の「小説すばる新人賞」受賞作を読んだ。現役の大学生(今まで […]

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」

ゴールデンスランバー 新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 150おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本屋大賞受賞作「ゴールデンスランバー」をようやく読んだ。こういう重たい単行本は […]