平野啓一郎

平野啓一郎

平野啓一郎「マチネの終わりに」

映画化もされているけれど、私は本で読んでみた。 ジャンル分けをすれば「恋愛小説」  天才クラッシックギタリスト(男性)と国際ジャーナリスト(女性)。“様々なことを経験し、社会での地位も確立してきた40代”の出会い、恋愛、 […]

平野啓一郎

平野啓一郎「空白を満たしなさい」

★作者の主張と、ストーリーや人物設計のバランスの良さ★ 平野啓一郎さんの名前は、デビュー当時から知っていたけれど、デビュー作「日蝕」の冒頭だけ読んで難解さを感じ、そのまま敬遠していた。なので、真面目に読むのは初めてだった […]