遊部 香 プロフィール

プロフィール

遊部 香(あそべ かおり)

1975年東京生まれ。千葉県市川市在住。
1998年早稲田大学第一文学部文芸専修卒。

学習塾勤務、WEBデザイナー、開業社労士、人事コンサル会社勤務などを経て、現在、小説家・ライター。

2021年8月「ザ・パキラ」で脚本家・演出家デビュー予定。
 → 詳細はこちらの記事

 

小説

受賞歴

◇「九州さが大衆文学賞」大賞(「履歴」/佐賀新聞に連載、「小説NON」に掲載)
◇「坊ちゃん文学賞」佳作(「星々」)
◇「さいたま市スポーツ文学賞」大賞(「帰郷」)
◇「伊豆文学賞」佳作(「彫り目」)

 

脚本

「ザ・パキラ」2021年8月シアター千住にて上演予定

 

書籍

下記2作が収録されています。

「星々

第12回「坊っちゃん文学賞」で、1057編のなかから佳作に選ばれた作品です。

※「坊っちゃん文学賞」は、「本屋大賞」を受賞した瀬尾まい子さんがデビューした賞としても知られ、過去には受賞作が映画化、ドラマ化もされています。

「星々」は、自分の性格を好きになれない主人公の成長ストーリーを通して、読む人も「自分の人生の可能性」をもっと感じられるようになる、爽やかで美しい物語です。

「さくらの季節」

「ちよだ文学賞」最終選考作。

「さくらの季節」は、受賞こそ逃したものの、選考委員の逢坂剛氏からは「ストーリーが分かりやすく、ちょっとしたひっかけもあって、リーダビリティが高い」と評価を受け、『第5回ちよだ文学賞作品集』に収録され、販売されたものです。

最後のどんでん返しに、是非「ええ?」と驚いてください!

★購入はこちら
 → Amazonサイト

 

選考委員の先生から頂いた言葉

この作者は小説、特に短編の書き方を知っていると感じた。起承転結があり、人が描かれている。小説としてシンプルで、メッセージがある。 (北方 謙三 先生)

小説を書き慣れた人だと思う。 瑕瑾がなく、後味よく、さわやかな印象だ。 (森村 誠一 先生)

『星々』は、天文学の研究をしている大学生とプロウィンドサーファーという分かれて育った双子のDNAを問題にしたお話です。 星の世界の軽やかさとサーフィンの横へ滑っていく感じが交差しながら、大変きれいにまとめられた作品でした。 (中沢 新一 先生)

なかに出てくる彫刻論に知的な追及力を感じ、面白かった。 (三木 卓 先生)

サッカー仲間の友情を扱っていて、すがすがしい印象を与えてくれる。秋田県を舞台にしているが、自然に郷土への愛情も漂っていて、応募作諸篇を通じて、選考委員の満票を得ている。 (伊藤 佳一 先生)

 

過去作

2001年「すばる文学賞」二次選考通過
2001年「北日本文学賞」三次選考通過
2002年「さいたま市スポーツ文学賞」最終選考
2002年「香・大賞」(エッセイ)最終選考
2003年「舟橋聖一顕彰青年文学賞」最終選考
2003年「伊豆文学賞」佳作
2004年「千葉文学賞」最終選考
2004年「らいらっく文学賞」二次選考通過
2004年「さいたま市スポーツ文学賞」大賞
2004年「すばる文学賞」一次選考通過
2004年「舟橋聖一顕彰青年文学賞」最終選考
2004年「太宰治賞」一次選考通過
2005年「千葉文学賞」最終選考
2005年「大阪女性文芸賞」予選通過
2005年「織田作之助賞」二次選考通過
2005年「舟橋聖一顕彰青年文学賞」最終選考
2005年「太宰治賞」二次選考通過
2006年「千葉文学賞」最終選考
2007年「小説すばる文学賞」一次選考通過
2007年「文學界」一次選考通過
2008年「すばる文学賞」二次選考通過
2009年「九州さが大衆文学賞」大賞
2009年「小説推理新人賞」一次選考通過
2010年「ちよだ文学賞」最終選考
2010年「小説宝石」一次選考通過
2011年「坊ちゃん文学賞」佳作
2013年「小説すばる文学賞」一次選考通過
(出産・育児などでペースダウン。2017年10月から本格的に再開)
2018年「オール讀物新人賞」一次選考通過
2019年「すばる文学賞」一次選考通過
2020年 エブリスタ×集英社文庫「ナツイチ大賞」最終選考

 

ライター系執筆実績

・サービス・商品宣伝文100種類以上
・起業家インタビュー60人以上
・メルマガ5社・1000通以上
・携わったサイト案件(新規・リニューアル含め)20サイト
・士業やカウンセラーを中心にした多くの起業家のプロフィール文作成
・「リストラ・解雇・倒産に備える裏表防衛マニュアル」(日本実業出版社・共著)
・産経新聞「知っ得! 年金・健保・仕事」コーナーで複数回執筆。
・「月刊総務」「会社の知恵袋」などでも複数回執筆。
・WEBサイト「人事Gate」に「遊部香の職場のコミュニケーション術」を連載(51回)

 

趣味:写真

大学時代から風景や花の写真を撮っています。

大学時代はモノクロフィルムで撮って、部室の暗室で現像などもしていました。そんなこともあり、私の小説には写真を撮る人や、暗室の描写が結構出てきます。

今はカラーでデジタル写真しか撮っていませんが、四季のお気に入りの写真をPhotosにアップしていますので、良ければご覧ください。

 

関心ごと:エイブラハム

「小説」「写真」ともう一つ自分の生活の核になっているのが、「引き寄せの法則」で有名なエイブラハムの教えです。

このサイトのブログ部分は大きく「レビュー(小説、写真、美術)」と「コラム」に分けていますが、「コラム」のメインテーマは、エイブラハムの本から自分が学んだことのシェアになっています。

以前は「しあわせになるヒント」を探し、心理学を学んだり、多くの書物を読み、人にインタビューして回ったりもしていましたが、今はエイブラハムの「答えは自分の中にある」の教え一本で、自分の内側に集中する日々です。

今も、以前書いていた下記のブログの方がアクセスはずっと多いのですが(^^;)、昔の記事にやや違和感があり、こちらの「凪」を中心に活動しています。

★別サイト
しあわせに生き、しあわせに働くヒント集

 

エイブラハムの教えを分かりやすく解説して人気だったブログ「世界は私が創る」のHappyさんの発信も好きで、HTL(Happy理論研究所)一期生でもあります。

 

 

お気に入りのものたち

好きな小説

純文学

  • 三島由紀夫『豊饒の海(1)春の雪』『金閣寺』
  • 泉鏡花『高野聖』
  • 小川洋子『完璧な病室』『冷めない紅茶』
  • 吉本ばなな『白河夜船』(純文学なのかは謎ですが……)
  • 道尾秀介『光媒の花』(勝手に純文学にカテゴライズしている)
  • 森絵都『風に舞い上がるビニールシート』(これも勝手に……)

エンターテイメント

  • 伊坂幸太郎『チルドレン』『鴨とアヒルのコインロッカー』
  • 角田光代『八日目の蝉』『紙の月』
  • 吉田修一『パレード』
  • リリー・フランキー『東京タワー』
  • 本多孝好『MISSING』『FINE DAYS』『MOMENT』

好きな映画

芸術作品として好き

  • クシシュトフ・キェシロフスキ 「トリコロール 青の愛・白の愛・赤の愛」(特に赤と青)
  • 岩井俊二「UNDO」 「リリイ・シュシュのすべて」
  • 西川美和「ゆれる」
  • 蜷川幸雄「青い炎」
  • 新海誠「言の葉の庭」
  • 是枝裕和「幻の光」
  • トラン・アン・ユン「青いパパイアの香り」
  • デプレシャン「そして僕は恋をする」
  • アッバス・キアロスタミ「桜桃の味」

エンタメ作品として好き

  • 「グレイテスト・ショーマン」
  • ジャン=ピエール・ジュネ「アメリ」
  • ウォン・カーウァイ「恋する惑星」
  • 行定勲「GO」

好きな音楽

  • 米津玄師
    (「STRAY SHEEP」 の「カンパネルラ」は、やばい! ただ最近の曲は重すぎて、「YANKEE」あたりのアルバムの軽さが心地よいと思う。「BOOTLEG」の「飛燕」「春雷」も好き) 
  • 小松正史
    (作業の邪魔にならない環境音楽。大学教授をしながら、自らCDを作製し、すでにそのCDが20枚近いというすごい方。自分の部屋には、小松さんの音楽が一番しっくりくる)

好きな演劇

  • 野田秀樹(NODA MAP)
  • 双数姉妹(今はないけど)

中学・高校と演劇にはまり、高校時代に早稲田大学演劇研究会の公演(「東京オレンジ」の旗揚げ公演。堺雅人さんが端役で出ていた!)を見て、早稲田を目指したほどだった。しかし、劇研の稽古の厳しさは半端なく、3か月で「才能ないからやめろ!」と言われ、脱落。他の劇団に移るも、役者としての才能に自信が持てず、20歳で演劇からは遠ざかる。

しかし! それから25年後の2021年8月!
「作・演出」という形で演劇の世界に舞い戻ります♪
(詳細はこちらの記事で)

© 2021 凪 Powered by AFFINGER5