吉田修一

吉田修一「パレード」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 吉田修一「パレード」を読んだ。今まで、芥川賞を獲った「パーク・ライフ」しか読んだことがなかったので、これが二作目。

「パーク・ライフ」を読んだときは、「なんでこれが芥川賞なんだよ?!」というような感じでも、逆に「分かるよ、この世界観!」という感じでもなく、ただ「へぇ、こういうのもありかぁ」とだけ思った。で、吉田修一という作家をつかんだ気になって、他の作品を手に取る気分にはならなかった。

 でも、「パレード」は読んで良かった! すごい、この人、こんなに上手いんだ、という衝撃を受けた。この作品は山本周五郎賞を獲っているらしいが、本当、読んだ後、賞をあげずにはいられなくなるような優れた作品だと思う。

 内容は2LDKのマンションの一室に、男女5人が共同生活を送っているという設定で、それぞれの視点で、計5作の短編が書かれ、それが一つの物語の形になっているというもの。

 スムーズに読めるし、時々思わず笑ってしまうほど楽しめる。エンターテイメント性も充分だ。でも、読んでいるうちに、その軽やかさ、楽しさは表面的なものであるということが伝わってくる。一人ひとりの人物は、他の人の視点で描かれると、薄っぺらい今時の若者に見えるのだけれど、視点人物になり、その内面が見えるようになると、急に深みや厚みがでてくる。

「表」の世界を描きながら、時々その「表」が途切れ、「裏」がのぞき見える。それくらいの書き方。書き込まないことで深くなる。リアルなのに遠い、不思議な世界観を絶妙なバランスで見せている。

 楽しく読めるのだけれど、その表面的なものの奥にある世界が垣間見られると、なんだかぞっとしてしまう。
 
 最後の章の衝撃が、本当、すごい。

 かなりおすすめの本。
 また吉田修一の本を読みたくなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る