お薦め

作家活動

『虹を架けるための』連載開始

2020/7/3    

 コロナの緊急事態宣言中に書き始めた(そしてコロナ期に書き終えた)新作を小説投稿サイトに載せることにしました。    7月になり、東京でコロナ患者数が増えても、「あぁ、また」という感じになってきました ...

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎「クジラアタマの王様」

久しぶりに伊坂さんの小説を読んだ気がする。 数年前に何作か長編を読み始めて挫折してから、ちょっと遠ざかっていたのだけど、これは本当、面白かった!!! 3分の1くらいまで読んでからは、この小説の世界観が ...

映画(は行)

「パラサイト 半地下の家族」カンヌパルムドール

話題になっていた映画を見てきた。 私は「王様のブランチ」で知ったのだけれど、「意外な展開!」みたいなところが押されていたから、「どんでん返し」を売りにした分かりやすいエンターテイメントなんだろうなと思 ...

映画(か行)

新海誠「言の葉の庭」:描写とストーリーの絶妙なバランス

2019/12/30    ,

もう一つ運営しているブログの方に集中していた5年ほどの期間、本や映画のレビューをほとんど書いていませんでした……。 これから、この5年のあいだに読んだり見たりして、「この良さだけは伝えたい!」と思った ...

その他 エンタメ

恩田陸『蜜蜂と遠雷』

今年の本屋大賞を受賞した恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を読んだ。 先に本屋大賞第2位(森絵都さんの『みかづき』)を読み、「これが2位なんて!(1位じゃないの?!)」と思ったのだけれど、『蜜蜂と遠雷』を読ん ...

その他 純文学

桜葉一樹「私の男」

随分前から、読まないまま本棚に眠っていた本。でも、今年春の大片づけのときに捨てようかどうか迷ったあと、「残したのだから、読もう」と意を決して開いた本。 でも、これが、良かった。 近親相姦の話という前情 ...

no image

映画(さ行)

映画「そして父になる」

 是枝監督の作品は結構好きで、タイミングが合えば見に行くのだけれど、この作品は是枝監督のテイストとテーマが上手く合致した、特にいい作品だったと思う。   ストーリーは簡単に説明すると.... ...

no image

その他 エンタメ

重松清「その日のまえに」

直球のストーリーでこそ、筆力が試される    重松さんの作品は、ときどき、ふっと読みたくなり、手に取る。  この本は以前から気になっていたものの、なかなか実際に手に取るチャンスがなかったもの ...

no image

その他 エンタメ

近藤 史恵「サクリファイス」

近藤史恵さんの代表作 自転車競技(ロードレース)の世界を舞台に描かれた近藤さんの代表作。 近藤さんの作品は、以前、他の作家とのオムニバス短編集で読んだことしかなかったが、それだけで「近藤さんはこういう ...

no image

道尾秀介

道尾秀介「カラスの親指」

カラスの親指 by rule of CROW's thumb (講談社文庫)道尾 秀介 講談社 2011-07-15売り上げランキング : 9205 Amazonで詳しく見る by G-Tools ★ ...

© 2021 凪 Powered by AFFINGER5