凪良ゆう

凪良ゆう『流浪の月』

2020年
本屋大賞受賞作
 
 
好きな世界観、
好きな空気感の作品だった。
 
日中、ふと
“あの世界に浸りたい”と
思い出すような
本に出会えると嬉しい。
 
 
内容はちょっと
もどかしくて、切ない。
 
でも優しくて、美しい。
 
 
作者は元々
BL出身らしい。
 
なるほどと思う。
 
私はあまりBLは
読まないけど、
以前見た
「窮鼠はチーズの夢を見る」の
もどかしさと切なさに
近い感覚を覚えた。
 
 
昔から思う。
切なさって、美しい。
 
 
でもふたりの時間は、
周りにどう言われようと、
完全に優しく、温かくて、
救われる。

-凪良ゆう
-, ,

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5