凪良ゆう

凪良ゆう『すみれ荘 ファミリア』

凪良さんの本、3冊目。

タイトルと表紙の雰囲気から、ほのぼのとした世界を期待していたのだけれど、意外とダークな面も多い作品だった。

でも、凪良さんらしさは作品全体に感じられ、これも良い本だった。

 

物語は……

物語の舞台は、「すみれ荘」というまかないつきの下宿。

身体が弱く、定職に就けない30代男性の主人公が、親から引継ぎ、その下宿のオーナー兼お世話役をしている。

(本全体を通して、主人公は「定職に就けない自分なんか」的評価を下し続けるのだけれど、具合が悪い日も下宿人全員の予定に合わせ、食事を用意するって、充分な労働の気がする。……のは、私の“労働”が楽すぎるからでしょうか💦)

 

この本も連作短編のような形になっていて、一人ひとりの住民が各回主要人物になっていくのだけれど、視点人物は「すみれ荘」オーナーのまま変わらないのが面白い。

それぞれの話で、一人ひとりの裏の面とか、ダークな部分が見えてくるのだけれど、それでも人は人のことを完全には理解しきれないということかな、とも思う。

 

吉田修一『パレード』に似ている

この、一見明るく健全に見える住人たちが、それぞれダークな部分を持っているという設定と物語の展開は、吉田修一の『パレード』に似ているなと思った。

『パレード』はよりダークで、最後衝撃を受ける、お薦め作品。

 

でも、同じテーマで書いても、当然、書く人が違うと、人物設定とか、キーとなってくる物事とか変わってくる。

つまり、勝負すべきは、やっぱり自分らしさなんだなぁ、などと思ったり。

 

私は凪良さんの作品は『流浪の月』『わたしの美しい庭』が一押しだけど、この作品の方が「先が気になる」エンタメ性は高い。

だからあまり小説を普段読まない人には、この『すみれ荘 ファミリア』の方がとっつきやすいかもしれない。

 

とにかく今私は凪良さん推しなので、何か気になる作品があったら、是非読んでみてください♪

 

-凪良ゆう
-

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5