レビュー

遊部香が触れた 小説・映画・美術 についての感想。

その他 純文学

桜葉一樹「私の男」

随分前から、読まないまま本棚に眠っていた本。でも、今年春の大片づけのときに捨てようかどうか迷ったあと、「残したのだから、読もう」と意を決して開いた本。 でも、これが、良かった。 近親相姦の話という前情報だけあったから、「 […]

その他 純文学

羽田圭介「スクラップアンドビルド」

又吉さんと一緒に芥川賞を受賞した羽田圭介さんの「スクラップアンドビルド」を読んでみました。 本を読む前に、バラエティー番組で本人を見、「変わった人だなぁ」という先入観は抱いていましたが、作品は、その「奇才ぶり」をしっかり […]

その他 純文学

又吉直樹「火花」

芥川賞受賞作の中には、読み進めるのに苦労し、途中で挫折してしまうものも多いのですが(私の場合)、又吉さんのこの作品は、楽しく読める、しっかりと構成も立てられた作品でした。 内容は、売れない芸人である主人公の日常なのですが […]

その他ミステリー

薬丸 岳「刑事のまなざし」

ミステリーでありながら、人の温かさや可能性も感じられる    椎名桔平が主演しているドラマの原作。  ドラマは見損なってしまったので、本の方を手に取ってみる。  ドラマの番宣で、椎名桔平が演じているのが、30代後半なのに […]

その他ミステリー

藤野 恵美「ハルさん」

娘の成長を見守る父親のほのぼのミステリー  殺人事件などは起こらない、ほのぼのミステリー。  娘が小さいうちに妻が亡くなり、ほぼ男で一つで娘を育てた人形作家が主人公。その主人公(ハルさん)が、娘の結婚式に向かう途中で、幼 […]

その他 エンタメ

百田尚樹「永遠の0」

ベストセラーには訳がある    10日ほど前に本を読み終え、今日、映画を見てきました。  どちらも、それぞれ良かった!    原作も映画も両方いいというのは、なかなかないけれど、「永遠の0」の場合は、 […]

映画(さ行)

映画「そして父になる」

 是枝監督の作品は結構好きで、タイミングが合えば見に行くのだけれど、この作品は是枝監督のテイストとテーマが上手く合致した、特にいい作品だったと思う。   ストーリーは簡単に説明すると…… […]

その他 エンタメ

重松清「その日のまえに」

直球のストーリーでこそ、筆力が試される    重松さんの作品は、ときどき、ふっと読みたくなり、手に取る。  この本は以前から気になっていたものの、なかなか実際に手に取るチャンスがなかったもの。     […]

その他 エンタメ

近藤 史恵「サクリファイス」

近藤史恵さんの代表作 自転車競技(ロードレース)の世界を舞台に描かれた近藤さんの代表作。 近藤さんの作品は、以前、他の作家とのオムニバス短編集で読んだことしかなかったが、それだけで「近藤さんはこういうものを書く人」と、分 […]

その他 エンタメ

百田 尚樹「海賊とよばれた男」

本屋大賞受賞作    本屋大賞を受賞した百田さんの「海賊とよばれた男」読了。    非常に良かった!    この本は、国岡鐵造という人の物語なのだけれど、国岡鐵造のモデルは、出光興業の創始者 […]