その他 エンタメ

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」

最後の最後にミステリーになる!

新聞でも、本屋さんのPOPでも
「普通の恋愛小説かと思ったら、最後の最後にミステリーになる」
と絶賛されていて、気になっていた本。

 

確かに、読んでいるあいだは、ちょっとこっぱずかしくなるくらい
ふつーに青春小説というか、恋愛小説。
今更珍しくもない感じ。

ただ、本当に最後の最後に「え?!!!!」
となる。

 

いやぁ、本当にびっくりした。

今まで頭で組み立てていたストーリーとかそういうものが、
がらがらっと崩れていく、気持ちよさ。
だましてもらいました。

 

構成の力

伊坂幸太郎さんの「ラッシュライフ」も
最後の最後に、(これはどんでんがえしってわけじゃないけど)
「おぉ、こういう構成になっていたのか」と分かって、
その精密な構成に、ぞっと鳥肌が立つ感じがしたけれど、これも、なかなか。

ラッシュライフ
http://tinyurl.com/6869zj

 

最近、プロットとか構成の力というものを本当に痛感する。

私も、なんか「あっ!」と言わせるものを書きたい。
でも、こういうのって、ひらめけるかどうかなのかな。

ビバ、ミステリー!

イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

文藝春秋 2007-04
売り上げランキング : 8264
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-その他 エンタメ
-,

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5