東野圭吾

東野圭吾「さまよう刃」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
さまよう刃 (角川文庫) さまよう刃 (角川文庫)

角川グループパブリッシング 2008-05-24
売り上げランキング : 881
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

東野さんの作品は、外れがないし、作品数も多いし、ということで、しばしば読んでしまう。

「さまよう刃」は以前から気になっていたのだけれど、何度も手にとっては、本屋の棚に戻していたため、「これ、読んだっけ、読んでないんだっけ」と分からなくなり、しばらく放ってあった。

ただこれも映画化されたということで、気になったので買ってみた。
読んでいなかったようで、良かった(笑)

これは、かわいい高校生の愛娘を強姦されて殺された父親が、未成年の犯人ひとりを自らの手で殺し、もうひとりの犯人をも殺すべく、逃走しつつ犯人を捜すという話。

犯人を追う父親の気持ちが非常によく分かり、痛いけれど、でも、良い作品だった。

東野さんのこういう作品は、一ミリでもずれたら完成しない工芸作品のような感じだと思う。

逃走している父親がホテルではなくペンションに泊まるという設定と、最後のちょっとしたひねりには少し不満も覚えたけれど、それ以外は本当に完璧に組み立てられている。

なぜ父親が犯人が誰でどこに住んでいるのかをつきとめられたのか、警察はその謎になかなか迫れないけれど、この部分こそが要で、この設定を作り出したところが、まず、すごいな、と思った。

あとは、この、ちょっとうんざりするような世界を、緻密に書き出していく集中力と、努力と、筆力には、本当に敬意を払いたくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る