池井戸潤

池井戸潤「下町ロケット」

やっぱりいいなぁ。
直木賞受賞、納得。
ザ・エンターテイメント!

 

「空飛ぶタイヤ」の方が、より社会性が強く、文学としては上の気もするけれど、「空飛ぶタイヤ」があくまで、マイナスがゼロに戻るまでの話だったのに対し、「下町ロケット」はマイナスをゼロに戻して、さらにプラスにする、というところで、さらに感動がある。

 

作者の経歴を知っているためか、やはり「なるほど、コンサルタント!」と思う。

「空飛ぶタイヤ」のときも、大企業による中小企業のいじめみたいなものがテーマだったけれど、やはり色々な会社の実態を見ていると、社会の様々な矛盾を感じるのだろうな。

ただそれを、ただの問題提起とか、嘆きにするのではなく、「それでも闘い、勝利を掴む物語」に作り上げていることで、多くの「社会の矛盾を感じている大人達」を元気づけられるのだろう。

Viva 兼業作家!(笑)

下町ロケット下町ロケット
池井戸 潤

 

小学館 2010-11-24
売り上げランキング : 80

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-池井戸潤
-, ,

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5