さだまさし

さだまさし「アントキノイノチ」

さだまさしの小説は好きで、今まで出たもの全て読んでいる。

これも、とっても良かった!

大好きな「精霊流し」「解夏」に並ぶ傑作。

 

「命」というものを多角的に浮かび上がらせる

高校時代の友人がきっかけで心の病にかかり、徐々に回復している若い男性の話。

父親の紹介で始めた、亡くなった人の遺物整理の仕事の様子と、高校時代の友人との出来事が交互に繰り返される構成。

「命」というものを多角的に浮かび上がらせるその構成や、登場人物の配置、ストーリーなど秀逸。

 

作者の心持ちは作品に出る

ただ、それ以上に素晴らしいと思うのは、「これを書いた作者は、本当に心がきれいな、あったかい人なんだなぁ」ということが端々から感じられること。

ちょっとした表現とか台詞とか、物事の設定とかそれに対する感想に、書く人の価値観とか心は、否応なく入り込むものだなぁ、とこの作品を読んでいて思った。

こういう心の美しさは、「フィクション」だといったって、決して飾れない。

だからこそ、物語の根幹ではない、ちょっとした枝葉末節の言葉遣いとか登場人物が抱く感想に、心が震える。

 

自分ももっと、文章力ではなくて、人間力みたいなものを磨かなくてはなぁ、と思わされた作品だった。

少し心に痛みを感じるところもあるけれど、全体的に透き通った感じの作品で、最後はきちんと報われる、安心して読める作品なので、是非、多くの人に読んでもらいたいと思う。

アントキノイノチ (幻冬舎文庫)アントキノイノチ (幻冬舎文庫)
さだ まさし

 

幻冬舎 2011-08-04
売り上げランキング : 692

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-さだまさし
-,

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5