瀬尾まいこ

「天国はまだ遠く」瀬尾まいこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 瀬尾さんの三作目。今のところ瀬尾さんの作品は全部読んでいる。
 読みやすくて、分かりやすく爽やかでいい。
 軽くさらりと読めて、最後はきちんと心を癒してくれる。

 深さはないのだけれど、きちんと自分がしなくてはいけないことを分かっていて、そのために作品を書けている人なんだなぁという感じがして、それが好きだ。
無理に背伸びせずに、自分のできる範囲のことを、精一杯書いている感じ。

 瀬尾さんは現役の中学校教師らしいが、笑顔で生徒や父兄に接しているところまでイメージできてしまう。顔は知らないけれど、生徒の母親に「先生、また本、出しましたね」「え~、そうなんですよぉ」とか笑顔で話しているところが容易に想像できる。

 もしかしたらこの爽やかさや、癒し感は、きちんと生徒を読者としてイメージして、彼らに読ませたいと思って書いているせいなのかもしれない。
 勝手な想像だけれど、そうだったらもっと素敵だな。

 今度の作品は、仕事がうまくいかず、軽いウツ状態になって自殺を考えて、遠い地まで旅に出た二十三歳の女性が、死に損ない、その地の自然や人に癒されていく……というまとめてしまえば、「え? そんな単純な話なの?」というような話(笑)
 でも、その単純な話をしっかり成立させてしまうのは瀬尾さんの力。

 読んでいると、その場所に実際一人で旅に出て、その自然の中にいるような気分になってくる。この表現力がいいなぁ。あと、くすっと笑えるような台詞のセンスとか、たまにどうしてそんなこと思いつくんだろう?という突拍子もない出来事が起こったりとか……。瀬尾さんのワールドなんだろうなぁ。

 ほんと、さらさらさら~っと読めるので、ちょっと時間があるときなどにおすすめです!
 一度は手にとってみて損はない作家だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る