伊坂幸太郎

伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」

伊坂さんの小説は、明るく見えながら、常に影がつきまとう感じです。

でも、その、「世の中の悪い部分から目をそらしているわけではないのだけれど、救いのない物語でもない」という、絶妙なバランスがいいんだなぁ。

  

デビュー作からすごい

ただ、今回、伊坂さんの本は3冊目ですが、デビュー作がこんな作品だったのだということに、驚きました。

3作が3作とも似たような空気を醸しだしつつも、全く違う世界を描いていて、すごい。

 

特に「オーデュボンの祈り」は、ミステリー系の新人賞を獲った作品のようですが、ただ上手い、というだけではなく、こういう作品が、普通のミステリーのなかに、ぽっとあったら、それは気にならないわけがないでしょう、という感じでした。

私の個人的な感想では、「星の王子様」を思い出しました。

でも、これだけ突飛な設定、不思議で濃いキャラクターを登場させながら、物語を破綻させることなく、最後まで読者をひっぱっていってしまうその力、やっぱりすごいです。

絶対デビューして、伊坂さんに会う!!と、それが最近の目標です。

 

ここ数年は、ともかく、作家になりたい、と、作品を量産して、新人賞に一年に何作も送り込んでいましたが、伊坂さんの本と出会って、目標がちょっと変わりました。

今年一年は、丸一年かけて、伊坂さんに負けないレベルのすごい小説を1作書く!

あと、今年中に、いままで出ている伊坂さんの本は全部読む!

 

作品同士のリンク

そうそう、伊坂さんの作品は、作品同士色々なリンクが貼られているのですが(A作品に出てきたBさんが、C作品にもちらりと登場するとか)、「無重力ピエロ」というファンサイトで、それが一覧になっています。

(追記:今はこのサイト、もう閉鎖されてしまっているようです。残念)

 

気をつけて読んでいるつもりでも、一回読んだだけでは全部は見つけられない感じです。

深いな~。

っていうか、本当に頭のいい人だなぁ、と、感心、というか、すごく羨ましい~!!

オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)

 

新潮社 2003-11
売り上げランキング : 1863
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-伊坂幸太郎
-,

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5