映画レビュー

no image

映画(は行)

「フリーダ」

2003/12/29    

 メキシコの女性画家フリーダの人生を描く作品。18歳の時、事故で大けがをし、それをきっかけに絵に没頭し始めるが、有名な画家のディエゴと結婚後は、彼の浮気性と、事故の後遺症、流産に苦しむ。しかしその生活 ...

no image

映画(あ行)

「女はみんな生きている」

2003/12/27    

あらすじ……  朝食作って、亭主起こして、息子の世話焼いて、会社に行って、また夕食作って、あたりまえの生活を繰り返している平凡な主婦エレーヌ。ある夜、夫とパーティーに向かう途中で、怪しい男達に追われ、 ...

no image

映画(は行)

「パイレーツ・オブ・カリビアン」

2003/12/17    

 正直、なんだか不思議な作品だった。壮大なスケールなのに、どこかとても偽物っぽく、安っぽい。どこまでが意図されたジョークなのか判断に苦しむ部分があった。ストーリーは至って単純なので、それが分からないと ...

no image

映画(は行)

「Jam Films」

北村龍平・篠原哲雄・飯田譲治・岩井俊二・望月六郎・行定勲・堤幸彦の7監督が撮った短いフィルムを集めた作品集。 いいものを見たと思った。すべてを気に入ったわけではないけれど、刺激的であり、表現というもの ...

no image

映画(あ行)

「おばあちゃんの家」

2003/11/7    

 韓国映画。    あぁー、いい映画を見たーと久しぶりに思った。    何が良かったって、口のきけないおばあちゃんだ。    初めて会い、託された超生意気なガキ(孫)になにをされても、まったく動じず、 ...

no image

映画(さ行)

北野武 「座頭市」

2003/10/8    

 水曜日のレディースデイで1000円で見てきたけれど、「これを1000円で見てしまっては悪いような気がする」と思えるほど、よく作りこまれた作品だった。    北野武という人は、すごく頭がいいから、こう ...

no image

映画(さ行)

河瀬直美「沙羅双樹」

 一月ぐらい前に見た映画だけれど、来週ぐらいで公開が終わりだと新聞に出ていたので、その前にとりあえず書こうかと。    監督の河瀬直美さんは、『萌の朱雀』(1997)で、カンヌ映画祭新人賞(カメラドー ...

no image

映画(あ行)

「アイ・アム・サム」

2002/6/6    

 気の合う友人と三人で映画に行った。そして映画を見て考えたことと、その後、三人で話したことがなんとなく重なった気がしたので、ちょっと書きたくなった。    映画のテーマは、家族の愛について。知恵遅れの ...

no image

映画(か行) 過去Diary

コーカサスの虜

1997/5/19  

「コーカサスの虜」という映画を見てきました。約1ヶ月半ぶりの映画館で見る映画で、やっぱり映画はいいよーと思いました。 (最近、ものすごく映画が見たくて、ついに耐えきれずに、選考試験を受けてから、リクル ...

© 2021 凪 Powered by AFFINGER5