三崎亜記

三崎亜記

三崎亜記 「バスジャック」

「となり町戦争」でデビューした三崎さんの二作目の本。 短編集だし、それぞれ長さもまちまち、世界観もバラバラで、一冊で一つの話になっている「となり町戦争」に比べると、少し読むのに苦戦した。 視点などはお ...

三崎亜記

三崎亜記 「となり町戦争」

2004年の小説すばる受賞作。   淡々と戦争が起こるリアル なかなかおもしろかった。よくこういう作品を思いついたなぁという感じ。 自分の住んでいる町ととなりの町の間で知らない間に戦争が始まり(町の広 ...

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5