美術

小林正人さん(画家)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先週の金曜日、私の好きな画家・小林正人さんがトークイベントをするというこで、竹橋の美術館に行ってきました。

http://www.shugoarts.com/jp/kobayashi.html

小林さんは、四角く形を整えられたキャンバス自体も人の作ったもの、と感じ、それに自分の絵を描くことに違和感を覚え、キャンバスに絵を描きながら、同時進行でそれを木に打ちつけて作品を作る、という「現代美術」の画家。

毎日星空を見上げて目を洗う、という名言もあるような、ピュアな芸術家で、以前からとても気になっていた。

以前から写真は見ていたけれど、思った以上に「芸術家」だった。
ここまでTHE芸術家、という人に最近あまり会えなかったので、おどろいた。

1時間ほどの講演だったのだけれど、言っていることが抽象的で、しかもとっても感覚的で、分からない……(^^;)
小林さん自身も「分かりましたかね?」って何度も聞きながらだったけれど、8割くらいの人は分かっていなかったし、半分くらいの人は、「難しすぎるわね~」と聞こえるように言っていた……。

しかも、質問タイムは、大荒れ。
「この絵で一番明るいところはどこだと思われますか?」
という質問に、
「絵というのは、どこからどこまでを指して絵、なんですか?」
と質問を返し、それから、
「明るいって言われても、分からないな。ここにあるのは光だけで、明るいという概念はないから。……そもそも質問の意味が分からない」

というようなやりとりを、3,4人とされていました。
いや……これぞ私の思う「芸術家」!

でも、「芸術家」だと思って、結構ファンだった嶽本野ばらさん(作家)は覚醒剤使っていて、捕まっちゃうし……。
最近、芸術家とか表現者とかって何だろう、と思う。

自分がそういう意味での「芸術家」にはなれないことも痛感したしな。
ただ、身近にいたら分からないけれど、遠くから見ている分には、私はそういう「芸術家」の存在が好き。

講演後、一言話しかけに行きたいと思いながらも、何を言ってもかみつかれそうで怖くて行けませんでしたが……でも、これからも私は小林さんの絵のファンであり続けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る