美術

サンドラ・シント「コズミック・ガーデン」展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

週末、銀座メゾンエルメスフォーラムで行われていた

サンドラ・シント「コズミック・ガーデン」に行ってきた。

 

エルメスフォーラム

エルメスフォーラムというのは、エルメスの店舗の8階にあるギャラリーで、無料で入れる。

エルメスと訊くとちょっと敷居が高く感じるけれど、エルメスの売り場は通らず、エレベーターに乗れるので、そんなに行きづらくはない。

ただ何も買わないのが申し訳なくなるくらい、スタッフの人の対応が礼儀正しく、感じがいい。

無料で見られる上に、無料で立派な冊子(今回の作品の写真満載の)までもらえて、「さすがエルメス!」なギャラリー(笑)

以前もいい展示をしていたし、銀座で30分~1時間くらい時間ができたら、ふらりと立ち寄るといい場所。

 

コズミック・ガーデン

今回の展示はブラジルのアーティスト サンドラ・シントさんによるもの。

ギャラリーのなかは右に一室、左に一室という感じの造りになっていて(それぞれ10数畳くらい。そんなに広くはない)、今回は右側は水色の海中を思わせる世界、左側は濃紺の星空をイメージさせる空間になっていた。

どちらも壁面がそれぞれの色(水色なり濃紺)に塗りつぶされ、そこに白く細い線の絵が描き散りばめられている。

そして壁面にはいくつか、A4サイズくらいの小さめの絵が飾ってある。

その絵は“キャンバス”に描かれ、全体が青や濃紺に塗られている。ただ壁面はペンキで塗られたような均一の色なのに対し、キャンバス上だけは、普通の絵の背景のように、様々な色が混じる、“きちんと作られた背景”になっている。

そしてキャンバス上にも白く細い線で描かれた絵。

それが壁画の絵とつながる。

 

そんな不思議な、独特の世界観のある展示だった。

 

キャンバス一つ一つを見れば、独立した絵を見ているようにも感じられるのだけれど、それはギャラリーの空間全部を使った“空間芸術”の実は一部になっている、という。

 

濃紺のほうの部屋には、同じような“星屑”が描かれたクッションが2つ置かれていて、まさに空間全体がデザインされていた。

コロナがなければ、クッションに座って壁画鑑賞ができたらしいけれど、今は中止。

残念だけれど、その分、クッションまで含めた全体像を静かに撮影でき、それも良かった。

 

個人的にはキャンバス内に描かれていた絵の雰囲気が好みで、また性懲りもなく“絵を描きたい”欲求に取り憑かれた。

今度はアクリル絵の具か透明水彩に手を出す!(笑)

 

情報

「コズミック・ガーデン」は7月31日まで。

メゾンエルメスフォーラムは、銀座駅と有楽町駅のあいだくらい。
どちらからも歩いて5分程度。

混雑時は入場制限がかかるらしいけれど、土曜日の昼過ぎに行っても混雑なく、一部屋1組~3組くらいのゆったりした感じ。

撮影は静止画のみOK。フラッシュはNG。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る