日記的なもの

書く行為は、未来に話しかける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

表面のリニューアルは完了したのですが、毎日コツコツ、裏側の作業を行っています。密かに毎日、20記事ずつくらい増えています。

なぜかというと、過去の記事を色々なところから寄せ集めているから(笑)

昔「凪」サイトに書いていたけれど、リニューアルを機にデスクトップにしまいこんだ「日記」とか、外部の無料ブログに書いていたレビュー記事など、数えたら300記事くらいありました。

過去の日記など、別に読みたい人はいないかもしれませんが、「凪」サイトはまずは私自身のためのもの(遊部香のすべてが整理されている場所)でいいか、と思い、コツコツ、集めています。

ところで、2000年ごろ(まだ20代前半)書いていた「日記」には、こんなヘッドラインがついていました。

未来の自分へ手紙を書いたことはありますか。

ある子供は、未来の自分へ手紙を書きなさいと言われてこう書いたそうです。

「未来の自分くんへ。僕は過去の自分くんです」

書いている「今」もすぐに「過去」になる。
書いた自分は消えて、読む自分だけが残る。

物を書くことは過去を振り返ることのように見えて、
本当は未来の自分に話しかける作業なのかもしれない。

実際、20年ほど経って、自分がその文章を読んでいることが、なんだか愛おしく思えてしまいました。

最近、ポジティブ思考が蔓延し、「過去は振り返らず、前を向く」ことが良いことに捉われる風潮も感じますが、過去の自分の文章は、なんだかどれもとても愛おしく感じます。文章だけでなく、がんばって生きている姿が。

これって、私が年を取ったということなのでしょうか(^^;)

未来も、過去も、今も、全部を愛おしみながらも、焦らず、ちょっとずつ前に進んでいこうかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る