演劇

パキラ大学 2日間終了

パキラ大学2日間終了。
 
 
私は結局ほとんど
講師をしなかったけど、
受講してくれた人がたくさん、
 
「素敵な作品を書いてくれて、
 ありがとうございます」
 
とか、
 
「あの作品で、本当に自分の闇と
 向き合いました」
 
とか、
 
「見てしばらくしてから、
 じわじわとパキラの物語の意味が
 感じられます」
 
とか、愛ある言葉をくれて、
本当に嬉しかった。
 
 
公演後の拍手とか、
たくさんのストーリーズも
嬉しかったけど、
生で聞く、
直接面識のなかった人からの
感謝の言葉は、
本当に響いた。
 
 
普段小説では、
敢えてスピリチュアルを
感じさせることは
書かないのだけど、
 
そんなこと言っている時では
もうないな、
ということを
最近感じ始めていて、
その想いに背中を押された
感じがした。
 
 
私は「目覚め」のための
物語を書く役目を担っていそうだ。
 
 
🌿講座🌿
 
講座の内容も、
本当に良かったな。
 
受講生が本当に楽しそうで、
そして、確実に何かを外し、
変化していくのが、素晴らしかった。
 
 
結局、
アレクサンダー・テクニークで
みさとちゃんが教えてくれたことも、
 
「自分の声を愛でる」で
のんちゃんが教えてくれたことも、
 
「本来の自分を知って、
 抵抗を取り除き、
 本来の自然な状態に
 自分を戻す」
 
がテーマだった。
 
みんなHappy理論や
エイブラハムの話と同じ。
 
 
でも本当、それだけで
みんなの声が変わった。
立ち方も。
 
 
さらに1日目の3限は
翠・碧講座で、
このみちゃんが
 
世界や相手とつながるワークを
みんなに教えてくれたのだけど、
 
その「信頼感」を得ることで、
みんなの存在感が全然変わった!
 
これはすごかった。
 
 
アレクサンダーテクニークと
のんちゃんの講座で
本来の声を出せるようになり、
 
あのワークで存在感を
手に入れた人たちの演技は、
本当に素敵だった。
 
こんなレベルの人がたくさん
パキラのオーディションに
来ていたら、
選びきれなかったんじゃないかと
思うほど。
 
 
演技って、
深くもあるけど、
やっぱり意識の「結果」なんだな。
 
 
と、今回の講座では、
演技についても色々学べたけれど、
 
演技のワークなどを通して、
みんなの意識が変わったほうが、
驚きだった。
 
 
今回、改めて、
演劇の大きな可能性を感じたよ。
 
 
私はパキラが終わってからずっと、
(脚本以外)どんな形で
演劇にかかわりたいのだろうと
そこが分からなくて、
ちょっともやもやしてたりも
するのだけど、
 
でも、
演劇は好きみたいだ💕
 
 
※今回のパキラ大学では、
やってみたかった国民の
 
「なぜなら、悪しきものが
 闇がせめてくるから」
「なぜなら、
 闇を葬ってこその光だから」
 (略)
「戦争だ!」
 
という
国民戦争ごっこができて
個人的には大満足🤣
 
しこうくんとyucoちゃんの
M1レッスンや、
むぅちゃんのシアターゲーム、
葵ちゃんの「女王になろう」も
最高でした😍
 
 
あと、Happyさんがいない場でも、
温泉を作り出せたり、
私達で誰かを癒せるのだという
体感が、とても貴重で、
ありがたかったです💖
 
🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸🔸
 
来てくださった皆様、
ありがとうございました💕

-演劇
-

© 2021 凪 Powered by AFFINGER5