横山秀夫

横山秀夫「臨場」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 横山さんは、新刊が出ると気になってしまう作家の一人。
 5冊くらいは読んでいるのではないかな。

 人情派というような感じで、すごい泣けるという訳ではないけれど、胸がちょっと熱くなる短編をたくさん書いている。
 上手い。その一言に尽きる。

 「臨場」は検死官の倉石の活躍を描いた短編集。倉石は、どこか冷徹で近寄りがたい人間だけれど、本当は一人一人の人間に対する思いが深く、だからこそ、その死の原因を正確に見極めるべきだという信念を持っている。……こういう人物を設定するだけで、上手い……。
 
 そして、倉石が暴くというより、くみ取っていく、被害者や加害者の思いというのもよく考えられている。

 ミステリーらしく意外な「証拠」なども探していくのだけれど、それよりも、本当の「思い」を探していく。トリックの奇抜さをねらったミステリーは最近減っているというけれど、やはり、こういう心理の部分で勝負している作品は好きだな。どんなジャンルでも。

 この作品も良かったのだけれど、横山さんの深さが本当に表れるのは長編の気がする。多分、一番好きな作品を挙げるなら、「クライマーズ・ハイ」になるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る