映画(あ行)

「硫黄島からの手紙」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

気になってはいたけれど、見にはいかないつもりだった映画ですが、知り合いが褒めていたので、気になって行ってしまいました。

硫黄島からの手紙 [DVD] 硫黄島からの手紙 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-08-05
売り上げランキング : 3126
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

感想は、
見て良かった!!

2時間半くらいあるちょっと長めの映画だったけれど、途中で飽きることもなく、とてもよく構成の立てられている作品だと感じた。
主人公は栗林中将という実在した人物で、彼はもうアメリカに戦争では勝てないと分かりながらも、「自決」という方法をとらず、とらせず、1日でも長く硫黄島で抗戦することが、日本や本土にいる家族を守ることになると信じて戦い続ける。栗林中将の役は渡辺謙。
渡辺謙も良かったし、この栗林中将という人自身も、とても立派で温かい人だったんだろうな、と感じられた。テレビでは実際に栗林中将の書いた手紙というのも紹介されていたし(映画の中でもいくつか出てくる)、本当に、こんな感じの人だったのだろうな。
人間、追いつめられたときに真価が問われる、ということを改めて思った。
私も、もっと、かっこよく、正しく生きたいなぁと思わせられた。

ただ、事前の情報では、「栗林中将の話」というふうにしか思っていなかったけれど、中将と同じかそれ以上多く、西郷という一兵士の視点から戦争が描かれている。その西郷がまた良かった。演じているのは嵐の二宮くん。でも彼は「青の炎」のときも思ったけれど、ジャニーズでバラエティーなどをさせているのがもったいないくらい、いい役者だと思う。キムタクや草なぎくんなんて目じゃないくらい!(草なぎくんも、上手いとは思うけれど)
でも役者がいいというだけではなくて、こういう思想、立場の人間を配置し、その視線で映画を撮っていったというところに、この映画の成功があったような気がする。
こういう人物を上手く配置できるようになれば、私の小説ももっと上手くいくんだろうけどなぁ……。

本当、見て損はないと思う。いろいろな意味で、日本的だなぁと思った。ただ、それを作ったのがクリント・イーストウッドだというのが、また、すごい。
映画の作り方とかよくは知らないのだけれど、「監督」の仕事ってどこまでやることなのだろう。アメリカ人が日本の役者を使って、日本語で映画を撮るということ自体、すごいことに思えるのだけれど、実際はどうやって回っているのだろう。気になる。
でも、こういう映画をアメリカ側が作ってくれたということに、日本人は感謝するべきだろうと思った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る