演劇

世界一幸せなオーディション

6/1と6/2に8月の舞台「パキラ」のオーディションをしました。

1日目がダンサー、2日目が役者。

 

ダンサーは10名募集のところに約50人、
役者は9名募集のところに約150人(書類選考で80人に絞る)応募があり、びっくり。

今回はHappyさんの主宰するHTL(Happy理論研究所)のメンバーからの募集だったので、「素人を鍛え上げる」というイメージでのオーディションだったけれど、結果として、強者が集まった!!

Happyさんと「想像のかなり斜め上だったね」という意見で一致。

いやいや、凄いことになりそうですよ、「パキラ」!!

 

世界一幸せなオーディション

ただでも、今回すごかったのは、「すごい人が集まった」というだけではなくて、

オーディションが「世界一幸せなオーディション」だったこと。

 

HTLは自分の心を大切にすることをモットーとした集団だけれど、自分を大切にすることは、必ず人を大切にすることに発展していく。

だから、HTLの初期の頃は、「自分自身」にひたすら向き合うことに重点を置いていたけれど、最近のHappyさんの発信は、「自分に向き合い、自分軸を確立したあと、どう他人と現実創造するか」に重点が移ってきている。

そのなかで、スローガンにしているのが「みんなで勝ちに行く」

 

Happyさん自身が、少し前に、友達の愛ちゃんの舞台のオーディションを受けていたのだけれど、そのときに「同じ回のメンバーで瞑想して、一体感を作り出したから、台本読みがスムーズで、あの回のメンバーはほとんど受かった」と言っていた。

 

みんなそれを目撃しているから、今回、書類審査の結果から2次審査まで1週間くらいしかなかったのだけれど、一次選考に通ったメンバーが仲間を募り、ZOOMで台本の読み合わせをするなんてことが起きた。

 

普通、オーディションといったら、「自分が役をもらうんだ」という人ばかりが集まる、殺伐とした場所のはずなのに、「パキラ」のオーディションは全然違った。

 

オーディション前に輪になって手をつなぎ、瞑想してから臨むチームがあったり、

自分たちは「劇団」で、このオーディションが本番の舞台なのだという設定で臨むチームがあったり、

見ている側も、「とても良い作品を見せてもらいました!」と言ってしまうような、本当に素敵な場だった。

 

Happyさんの発信は、いつも最先端を行っているということを、今回改めて、強く感じた。

そんな最先端の場所にいられることがしあわせだった。

 

好きなことを好きでいられるように

でも本当に、「オーディションという場が恐怖だった」という元プロの役者や、「比較競争の世界で、自分なんてダメだという思いから、諦めてしまった」という人など、様々な想いを持った人が、その場にはいた。

 

そんなみんなの言葉を聞いていて、Happyさんが語った言葉に、私も隣で涙が止まらなかった。

 

インスタのHappyさんの言葉と、当日の映像を下記に貼りつけます。

何度聞いても泣けます。

温かい愛の世界をありがとう!

 

★「ザ・パキラ ~善と悪 光と闇の物語~」★

2021年8月14日(土)~17日(火)
北千住 1010シアターにて上演

-演劇
-,

© 2021 凪 Powered by AFFINGER5