雫井脩介

雫井脩介

雫井脩介「虚貌」

ミステリーより文学として読みたい 犯人は誰か、とか、どういうトリックを使ったのか、というところに重きを置いて読むと「あれ?」という感じがしてしまうけれど、ミステリーだと思わず、エンターテイメントの要素 ...

雫井脩介

雫井脩介「クローズド・ノート」

映画化もされた「クローズド・ノート」読んだ。   「火の粉」も上手かったけれど 映画も気になっていたのだけれど、見られず、そのままになって いたのだけれど、雫井さんの「火の粉」を少し前に読んで、 その ...

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5