日記的なもの

夕焼け空

今日は友人たちと江戸川河川敷でBBQをした。

でも、むちゃくちゃ寒かった~。多分、風邪を引いた。体の奥の寒さがずっと抜けない。

 

昨日はあんなに良い天気だったし、しばらくいい天気が続くと言っていたから期待していたのだけれど、これはないよ……。

晴れろと念じ続けていたのに、空はずっと重たい灰色のままだった。

 

でも夕焼け空だけ異様にきれいだった。

その時間だけなぜか青空がのぞき、沈む太陽のそばだけ濃いオレンジと影の黒の、ゆがんだ縞模様のようになっていて、それ以外の部分は、澄んだ水色と白い雲のまだらだった。

そばに大きな建物もない河原だったから、遠くまでよく見渡せ、富士山もシルエットになって浮かんでいた。良い風景、良い時間だった。

 

ただそれを見ていて、ふっと思ったのは、人の心を打つ風景というのは、宇宙であったり大気であったり、普段は見えないものを意識させるものなのかもしれないな、ということ。

オレンジと黒のゆがんだ縞模様は、地球の大気と、宇宙の真空のエネルギーが争っている図のように感じられた。ま、大げさな言い方なのだけれど……。

 

地球とか宇宙を感じるのっていいなと思う。

最近、意識的に夜、外の空気を浴びたり、空を見上げるようにしている。

 

なんか上手く説明できないのだけれど、そういうすることで、自分が今どういうところに立っていて、どういうところで生きているのか、分かってくるような気がするのだ。

動き出す前に、まず足場をしっかり確認、といったところだろうか、今は。

-日記的なもの

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5