映画(あ行)

映画「おとなり」

空いた時間にAmazonPrimeで何か見ようと探していて、たまたま見つけた映画。

でも、すごく好みで、いい映画だった!

こういう「良質な作品」と言いたくなってしまう作品、好き!

 

「おと な  り」

このタイトル、「お隣」と「音鳴り」とが掛かっている。

古いアパートの右と左に住む男女が、「ほとんど筒抜け状態」の相手の生活音を聞きながら、過ごしていく物語。

 

ちょっとした事件も起こるけれど、基本的には「日常」が淡々と描かれ、そのなかのコーヒー豆を挽く音だとか、フランス語会話の練習をする声だとか、そんな音だけが相手の空間にそっと忍び込んでいく。

そしてそれは、空間にしのびこむだけではなく、いつの間にか相手の心にもしのびこみ、顔を見たこともない、どんな人なのかも知らない相手に、お互いちょっとした関心を寄せ始める。

 

その、無理のないゆったりとした物語の運びと、静かな空気感・世界観がとても良かった。

 

「古いアパート」というのも、確かに隣の音が筒抜けだろうなという古さを感じさせながらも、まるでフランスのアパルトマンの一室のようなお洒落さ。

(男性はカメラマン、女性はフラワーデザイナーで、二人とも美的センスに優れ、インテリアがお洒落というのもある)

 

心地よい空気感と展開のバランス

大きな出来事としては、「主人公が撮影を担当している大物モデルの失踪」という、男性側だけに起こる物語があり、

女性側には「ちょっとした恋愛の芽みたいなもの」と、同じ花屋で働く同僚の恋の進展という、小さな出来事が2つある。

そして、女性は少ししたらフランス留学をすることが決まっていて、そこに向けて、動いている。

 

物語の展開としては、それくらいしかない。

でも、何もない日常の、心地よい空気だけ感じられる時間に、ちょうどいい加減で「物語」がきちんと組み込まれている感じ。

 

こういうバランス、好きだなぁと思う。

(私が褒める作品は、大抵、ここのバランスが取れているもの(笑))

 

最後は結構急激に話が進むのだけれど、それも、淡々と、でも着実に積み重ねた時間があるから、そんな突飛な感じはしない。

(小説家志望の男性のキャラクター設定だけ、ちょっとひっかかったけど💦 あんなひねくれた性格の人が、あんないい言葉いうかなぁ)

ラストからエンディングロールへのつなぎも洒落ていて、うなった。

 

今はAmazonPrime特典で見られるので、良ければ是非!!

https://amzn.to/3mcNJbT

-映画(あ行)
-

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5