その他 エンタメ

森絵都 その他 エンタメ

森絵都「つきのふね」

森絵都さんの文章はうまい。 児童文学というジャンルから飛び出して、直木賞作家になっただけあるな、と思う。   透明な切なさと美しさ 「つきのふね」はまだ児童文学作家だったころの、「児童文学」にカテゴラ ...

その他 エンタメ

朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」

去年の「小説すばる新人賞」受賞作を読んだ。 現役の大学生(今までは、女子高生や女子大生が多かったけれど、男の子)が書いた青春小説ということで、TVなどでも話題になっていたから、気になってはいたけれど、 ...

その他 エンタメ

三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」

少し前(2006年)の直木賞受賞作。 最近三浦さんの名前もよく見かけるので、気になってはいたけれど、読んだのは初めて。   さりげないうまさ とてもしっかりとした世界観があって、世界にちゃんと浸れる作 ...

その他 エンタメ

柳広司「ジョーカー・ゲーム」

「ダブル・ジョーカー」が去年の「このミステリーがすごい」第2位になったらしいが(第1位は、東野さんの「新参者」)、この「ジョーカー・ゲーム」は、その前編。 柳さんの作品を読むのは今回が初めてだったのだ ...

その他 エンタメ

和田竜「のぼうの城」

歴史エンターテイメント 少し前に話題になった「歴史小説」。 ただ、「歴史小説」というより、「歴史エンターテイメント」といったほうが近い。 小説なんだけれど、漫画を読んでいるような気分になった。 楽しく ...

その他 エンタメ

万城目 学「鴨川ホルモー」

気にはなっているけれど、あとひとつ、その本を手に取るきっかけがない、という本がある。 この本も、そのうちの一つだったのだけれど、会社の人に貸してもらったので、読んでみた。 普通の大学生が「ホルモー」を ...

その他 エンタメ

小川糸「食堂かたつむり」

小川糸「食堂かたつむり」を読んだ。 三省堂などで平積みになっていて気になっていたのだけれど、ようやく。   ストーリーと内容  恋人に家具からなにから一式持ち去られ、声まで出なくなった女性が、唯一の親 ...

その他 エンタメ

田村裕「ホームレス中学生」

2008/11/20    ,

「ホームレス中学生」を読んだ。 予想以上に良かった。   幸せかどうかは幸せを感じる心を持っているかで決まる プロでなくても誰でも1冊は傑作を書けるとはよく言うけれど、 まさにそんな1冊。 こなれた文 ...

その他 エンタメ

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」

最後の最後にミステリーになる! 新聞でも、本屋さんのPOPでも「普通の恋愛小説かと思ったら、最後の最後にミステリーになる」と絶賛されていて、気になっていた本。   確かに、読んでいるあいだは、ちょっと ...

その他 エンタメ

恩田陸「夜のピクニック」

恩田さんの作品は正直あまり好みではないのだけれど、マイミクさんに「現実の力を感じる」と勧められ、読んでみた(もちろん、実話ではないけれど、この行事自体が実際にあるということ)。 実際にある行事のリアリ ...

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5