その他 エンタメ

その他 エンタメ

百田尚樹「永遠の0」

ベストセラーには訳がある 10日ほど前に本を読み終え、今日、映画を見てきました。 どちらも、それぞれ良かった!  原作も映画も両方いいというのは、なかなかないけれど、「永遠の0」の場合は、どちらもそれ ...

その他 エンタメ

重松清「その日のまえに」

直球のストーリーでこそ、筆力が試される  重松さんの作品は、ときどき、ふっと読みたくなり、手に取る。 この本は以前から気になっていたものの、なかなか実際に手に取るチャンスがなかったもの。  7つの短編 ...

その他 エンタメ

近藤 史恵「サクリファイス」

近藤史恵さんの代表作 自転車競技(ロードレース)の世界を舞台に描かれた近藤さんの代表作。 近藤さんの作品は、以前、他の作家とのオムニバス短編集で読んだことしかなかったが、それだけで「近藤さんはこういう ...

その他 エンタメ

百田 尚樹「海賊とよばれた男」

本屋大賞受賞作  本屋大賞を受賞した百田さんの「海賊とよばれた男」読了。 非常に良かった!    この本は、国岡鐵造という人の物語なのだけれど、国岡鐵造のモデルは、出光興業の創始者・出光佐三。  主人 ...

その他 エンタメ

朝井 リョウ「何者」

現役世代が語る就活のリアル 半年前の直木賞受賞作を読んだ。   作者の浅井リョウさんは、小説すばる新人賞でデビューしたとき、まだ現役の大学生だった。 その後、就活をしながらも、精力的に小説を発表し続け ...

その他 エンタメ

宮本輝「優駿」

やっぱり宮本輝は別格! 久しぶりに宮本輝の作品を読んだ。「優駿」は20歳前後の頃に読んだと思うので、約20年ぶりの再会。 20年経って読み直すと、より、宮本輝という作家の筆力、構成力とか、人間観察の鋭 ...

その他 エンタメ

川村元気「世界から猫が消えたなら」

今年の本屋大賞ノミネート作品。 タイトルがなんだかいい。   なくてもいいかもしれないものを消す話 内容は簡単に言うと、余命わずかと宣告された30歳男性の前に悪魔が現れ、「〇〇を消したらあと1日、寿命 ...

その他 エンタメ

三浦 しをん「舟を編む」

昨年の本屋大賞受賞作。 一言で説明すると、辞書を作る人たちの話。 多分かなり取材をしているのだろう、細部が非常にリアルで、「なるほどそういう工程を踏んで辞書というのはできるんだ」という驚きに満ちた内容 ...

その他 エンタメ

沼田まほかる「痺れる」

2013/2/25    ,

知り合いに薦めてもらい、初めて沼田まほかるさんの本を読んでみた。 コアなファンがつきそうな作風 ホラー大賞でデビューした人らしい。ホラーは苦手なのもあり、今まで全然知らなかったが、調べたら、去年は本屋 ...

その他 エンタメ

喜多川 泰「「また、必ず会おう」と誰もが言った。」

以前、電車の広告で見て、素敵なタイトルだなと思い、メモしていた本。 今年に入って時間がようやくできてきたので、過去数年分の「気になっていたもの」に手を出し中。   文学ではない。自己啓発小説 小説なの ...

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5