映画(は行)

「ビッグ・フィッシュ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 ティム・バートンの最新作「ビッグ・フィッシュ」を見に行った。ティム・バートンは「シザーハンズ」などを作った監督。少し幻想的で、人の心をあたたかくする作品を作る。「シザーハンズ」も大好きな映画だ。

 この作品のテーマは、死期の迫った父と息子の心の交流。息子は、作り話ばかりして自分のことをあまり語ろうとしない父のことを、現実から逃げているだけの存在として良く思っていないのだが、最後には分かり合える、という話。

 そう書くと、「なんだありがちね」と思われそうだけれど、映像のほとんどはその父の「作り話」で占められているので、とても「ありがち」な映画にはなっていない。

 ひとつひとつのシーンや話がおとぎばなしのようで、ほんわかとしたり、わくわくしたりできるし、最後、父と息子が分かり合うシーンも、普通ではない優しいものに仕上がっていて、静かに感動できる。

 この映画は、ただその「作り話」の世界に浸るだけでも充分楽しめるのだけれど、作り話をする父親の存在というものを浮きあがらせているところがやはり一番の良さだなと思う。

 この映画を見ると、「完全なフィクションなどない」と思える。表面的にはありえない話であっても、その奥にはそれを作り出した「作者」のリアルな心がある。……それは逆に言えば、奥に「作者」の心のないフィクションなど、魂のないがらくただ、ということでもある。

 それがこの映画のテーマではなかったのかもしれないが、フィクションを作るものとして、私はそんなメッセージをこの作品からもらった気がした

そして、フィクションの奥にある「父」の心に「息子」が気づいたことに、単純にただ、感動した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る