日記的なもの

Sachi Takekoshi 3rd live「Barış」

昨日はHappyさんの3ndライブへ。
 
 
私は大きな音とか
チカチカする色の演出とか
ちょっと苦手なので
あまりライブには行かない。
 
基本テンション低めで
ノリが悪い自覚もあり(笑)
 
 
 
でも6000人の瞑想とか、
エネルギーって気になる!と
昨日はリアル参戦。
 

6000人の瞑想


結果、行ってよかった!
 
 
なんだろう、あのエネルギー。
あの空間の空気感。
 
 
あの会場規模で
実際6000人がリアルに存在しているのに
みんなで沈黙して、
 
大きなエアコンの音が
川のように流れているだけで、
静かで、
でも、全然「無」ではなくて、
むちゃくちゃあったかくて、
すごかった。
 
 
 
ライブ会場でこんな経験できることって、
きっと他にない。
 
ものすごく贅沢な時間だった。
 
 
 
ライブ中も
6000人で思い思いの色で
(本当は色、決まっていたのかな?)
ペンライトつけているのだけど、
 
その揺らぐ様々な色が、
何か神聖なものに見えた。
 
 
カラフルだけど、
灯篭流しみたいな。

 

6000人のエネルギーの指揮者

ライブ自体も本当素敵だった。
 
一曲一曲、
曲に合わせた演出が素敵。
 
 
そして、
あの大きな場に違和感なく存在する
Happyさんのパワー。
 
歌唱力よりダンススキルより、
きっとあの場に立ち、
6000人のエネルギーの
指揮者になれることが
一番すごい。
 
 
そして相変わらず
まりりんのダンスにはもう
ときめきしかなく、
またペンライト握りしめて、
前のめりで見ていた。
 
4階席で小さくしか見えなかったけれど、
それでもまりりんはすぐに見つけられる!!
 
 
 
まりりん以外にも
ダンサーの5人は
「パキラ」で一緒だったメンバーでもあり、
“知り合い”になってから初のライブは、
前回までとはまた違った感覚だった。
 
 
エゴキンマンがもっと強い頃だったら、
「あー、みんなはこんなに色々やって
 成長しているのに、
 私は止まっているんじゃないか?」
みたいに思っていただろうけれど、
 
昨日は不思議と、
「自分の近くにいた人たちが
 こんなすごい場所に立っているのだから、
 私もすごいところに行けるよね」
みたいな気持ちだった。
 
 

なりたいものにはなんだってなれる

そしてライブの最後は
Happyさんの挨拶。
 
 
これが本当、
Happyさんのイベントって感じで
素敵だった。
 
 
こんなすごいイベントを創っても、
初心を忘れないというか、

「すべてはエイブラハムの教えを信じ、
 コツコツやってきた結果でしかない。
 
 だから信じれば、みんなにだって
 誰にだってできる。
 
 なりたいものには何にだってなれるし、
 やりたいことは何でもできる」
 
 
そしてHappyさんがバシャールに
「100%お約束します」と言われたという
言葉にならい、
 
「ここで今浮かんだ夢はかないます。
 私がお約束します」

 
と力強い言葉。
 
 
ここまででも
ぐっと来ていたけれど、
周りにたくさん泣いている人がいて、
“あ~、みんな泣いているなぁ”と
私はどこか冷静だった。
 
 
 
ただ、このHappyさんの言葉のあと
「パキラの花」がかかるから、
ここで涙腺決壊した😂
 
 
※「パキラの花」は、
 私の「パキラ」の脚本を読んで
 山田さんが作詞・作曲してくれた曲
 
 
「越えよう境界線

 新しい世界なんてさ
 既に持ってるんだよ

 本当の"内側"にその手伸ばして

 さあ 種をまこう

 君の物語 何色にでもなれるさ

 天高く羽ばたけ

 散りゆくことのない
 彩る世界へ 未来へ」
 
 
私にとってこの「種」は、
もちろん翠のまいた
希望であり、未来。
 
そして私自身がまいた
希望であり、未来。
 
 
だからこの歌詞が、
Happyさんの
「いま浮かんだ夢は叶う」
という言葉と重なって、
ぐっと来てしまった。
 
 
そして勝手に、
今回のライブの一部に
関われたような感覚を
抱いたりもして。
 
 
本当、素敵な時間だった。

おごりライブ ありがとう💕💕

 
 
これから
「イマココ 能力開花プログラム」
 
もっと能力開花させて、
そして「パキラ」のときより
もっともっとしっかりとした自分の軸を持って、
またHappyさんと共同創造できたらいいな。
 
 
 

再会と初めまして

あと、ライブでは、
パキラダンサーの
さやちんと西海さんに会え、
懐かしく、嬉しかった。
 
 
そして、
小説「パキラ」の作者
まゆみさんと初対面✨
 
一緒にご飯食べて、
二時間近く語り合い、
楽しかった💕

 

2種類の「表現者」

「パキラ」で本当に思ったけれど、
“表現者”のなかにも二種類いて、
 
“自分が作品だから、自分を見て”タイプと
“私が作ったものが作品だから、作品を見て”タイプがいる。
 
私やまゆみさんや
衣装チームの多くは多分後者で
 
役者やダンサーの多くは前者。
 
 
Happyさんは前者だから、
「ほっとリラックス」「瞑想」「静寂」が
ベースではあるけれど、
次の段階として、
「自分を表現!」という感じの発信になる。
 
 
そうすると、後者の人間は、
「え……それ、無理ですけど」と
やや息苦しくなる。
 
で、私は息苦しくなると、HTLの1期の
「ただ呼吸していればいい」みたいな
配信に戻り、そこに引きこもるのだけど(笑)
 
まゆみさんも「HTL一期が神ですよね」と
意気投合。
 
※「イマココ 7Days」はHTL1期に近くて、
 特に第2クールはリピートして聞いている💕
 

私はブログでもインスタでも
その「後者」代表として発信しているつもりだけど、
(HTL1期の言葉を集めた
「日めくりカレンダー」の解説を
未だ書いているのもその一環)
 
私ももっと圧倒的な結果を出して、
“自分を表現!”とは違う
後者なりの成功の方程式みたいなものを作り上げて、
発信出来たらな、などと思った。
 
 
 
そんな風に、
とても密度濃い一日でした。
 
ありがとう💕💕

-日記的なもの
-,

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5