演劇

パキラ稽古 5日目

今日は、
明日のポップアップイベントの準備で
Happyさんは来れず。


でも稽古前に突然電話があり、

「20日、48歳以上のダンスイベントの前に、
 そのメンバーの前で、芝居見せるから。
 ○場と○場と○場と………台詞入れて、
 発表できるようにしておいて!」


それを役者メンバーに伝えると、
光の国の女王が国民に、
「パキラの花が咲いた」
と宣言したときのような、ざわめき🤣


昨日まで、あんなに緩かったのに、
みんなラムダを発動し、
ZOOM稽古の日程を組み始める😆

変り身が、凄い😂


今日はみんなきっちり
休憩時間も守り、
効率的に稽古をする。

ま、それが当たり前なんだけど、
妙な“頑張ってるぞ”感🤣


Happyさんがいなくても、
誰かしらがちゃんと仕切り、
スムーズに動いていくのは、
さすがHTL。

Happyさんがいる日は
ワンネスになり、
いない日は、
個が立っている感じかな。
いい意味で。



今日は、従者シーンで
動きがちょっとぎこちなかったので、
試しに葵さんとのんさんに
従者役をやってもらったら、
新しい動き方が見えてきて、
とても面白かった。

翠・碧シーンも、
千夏さん、まみさんに
やってもらったら、
「この部分では、こんなふうに
 感じた」
など、演じてみての感想を
ふたりがシェアしてくれて、
解釈が深まった。

でも、普通、そういうことは
しないのだそう。

確かに、
信頼関係のない中で、
人が自分の役を演じたら、
嫌だとか、比較されそうとか、
色々出そう。


でも夏パキラは、
なんでも許される場になってきている。

それが本当に心地よいし、
そういう場でないと、
真の力は出し切れないと思うんだ。


だから、本当、
ありがたい。



最後の集合写真では、
光の国の敬礼ポーズで
ウィリアム・H・タケコシへの
敬意を表してみました🤣🤣

-演劇
-,

© 2021 凪 Powered by AFFINGER5