小説レビュー

乃南アサ

乃南アサ「風紋」

 10年ぐらい前に書かれた本のようだけれど、なんだかとても新しい感じがする。やはり乃南アサは偉大だ! 好きな作家は何人もいるが、文句なく「この人はうまい!」と思えるのは、乃南アサと宮本輝かな。  この作品は、もしかしたら […]

本多孝好

本多孝好「Fine Days」

 一年以上前、知り合いに本多孝好という名前を聞いた。「結構上手いよ。書いていく上で参考になる作品だと思う」というように紹介された気がする。それからなんとなく気になっていたものの、手に取る機会もなく、すっかり忘れていた頃、 […]

その他 純文学

辻仁成「白仏」

 辻仁成の作品は不思議にとても上手いものと、とても下手なものがあるような気がする。段々上手くなっていくとか段々下手になってくるとかではなくて、かなりばらつきがあるのではないかと思う。    この作品は上手い作品のなかでも […]