レビュー

洋画(米)

映画「シルヴィア」

2005/1/28    

実在した女流詩人の生き様を描いた映画。   芸術家として、女として 全体的に悲しいトーンで描かれていて、どうしてそういうふうに考えて、そういう方向に行ってしまうのだろう……ともどかしい気持ちにはさせら ...

洋画(米)

映画「ネバーランド」

2005/1/25    

「ピーター・パン」ができるまでを描いた、ジョニー・デップ主演の映画「ネバーランド」を見てきた。 ハートウォーミングな素敵な映画。   ストーリー 主人公は、下手に有名になってしまったがために、気取った ...

嶽本野ばら

嶽本野ばら「ロリヰタ。」

2005/1/24    

「ロリヰタ。」読んじゃいました。野ばら小説、読破です。   リアルな感情 「ロリヰタ。」の感想は、一言でいうと、野ばらさんを抱きしめてあげたい!っていう感じ。断られそうだけれど(>_<) 女の子 ...

芸術に関する考察

はやりすたり

2005/1/22  

今期ドラマは、今のところ三つ見ている。 一番気に入っているのは、大河ドラマの「新撰組」(今期と言うより、今年だけど)。 あと、納得行かないながらもつい見ているのが、月9のキムタクのドラマ(私はキムタク ...

嶽本野ばら

嶽本野ばら「デウスの棄て児」

2005/1/19    

天草四郎をモデルとして書いた野ばらさん唯一の時代小説「デウスの棄て児」を読んだ。   去年の夏ぐらいから野ばらさんファンをしているけれど、あと「ロリヰタ。」を読んだら、野ばらさんの小説は全部制覇したこ ...

洋画(米)

映画「シモーヌ」

2005/1/11    

アンドリュー・ニコルというこの作品の監督は、「トゥルーマン・ショー」の脚本も書いている人らしい。なるほど、と思う。   今回は、映画監督が、理想の女優をコンピューターで作り上げ、それがまるで実在してい ...

洋画(欧)

映画「ミシェル・ヴァイヨン」

2005/1/11    

決して私好みの作品ではないのだけれど、いやぁ、なんかおもしろかった。   あの手この手 2つのチームがル・マンで争っていて、敵側はどんな手を使ってもいいから相手を倒そう、としている。つまり「悪い奴」。 ...

小川洋子 芸術に関する考察

夢と小説(小川洋子さんのインタビュー記事を読んで)

2005/1/10  

数日前、朝日新聞の夕刊に珍しく小川洋子さんが登場していた。 しかもこの間日記でも紹介した江成常夫さんの「原色の夢」の中の写真が挿絵のようにされていたので、ますます嬉しかった(ただ別にそれはイメージ写真 ...

邦画

映画「ヴィタール」

2004/12/28    

塚本晋也監督の最新作を見てきました。   密度濃い作品 とても不思議な印象の映画で、ストーリーよりもイメージや映像優先という感じの作りでしたが、退屈することもなく、浸れました。 ベネチア国際映画祭で、 ...

洋画(米) 洋画(欧)

映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」

2004/12/9    

キューバの革命家、チェ・ゲバラの若き日の「旅」を描いた映画。本人が書いた同名の小説が原作になっている。 上映の始まる前からチェックしていた映画だったのだけれど、ようやく見に行かれた。 数週間前にも恵比 ...

© 2022 凪 Powered by AFFINGER5