Well Beingの実践

4.宇宙の無上の幸福が私に流れるのを許可します

HTL日めくり解説。

4枚目は「宇宙の無上の幸福が私に流れるのを許可します」

 

HTLとは……

『引き寄せの法則』で有名なエイブラハムの教えを分かりやすく解説したブログ「世界は自分が創る」でインフルエンサー的存在となったHappyさんの主宰する「Happy理論研究所」の略です。

私は2019年12月から1期生として参加し、2020年2月の卒業式の前に2か月間で学んだことを「日めくりカレンダー」という形でまとめました(卒業式はあったものの、その後メンバーを増やし、HTLは続いています)。

すでにそれから1年が経っていますが、1期の頃の自分の心の状態がとても良かったので、当時の振り返りの意味で、日めくりカレンダー関係の記事を書いています。

Happyさんの言葉の解説でもありますが、Happyさんの発信の大本にはエイブラハムの教えがあるので、エイブラハム本の解説の延長線上の記事としても活用いただけたら幸いです。

 

なぜ「許可」なのか

「宇宙の無上の幸福」というのは、「ソースエネルギー」であり、「Well Being」。

もう何度も書いているけれど、人間は本来、ソースと同調し、ソースのエネルギーをふんだんに使える状態がデフォルト。

だからデフォルトの状態だったら、「世界を創造した無限のエネルギー」を使えるし、「宇宙の無上の幸福」も毎日、当たり前のように自分に流れてくる。

 

なのに実際はそうはいかない。

 

それはなぜかというと、「自分が堰(せ)き止めているから」。

 

幸福な流れやソースとの同調を堰き止める「抵抗」を手放せば、私たちは当たり前のようにWell Beingのしあわせな流れに乗れる。

 

だから「抵抗を手放そう」、つまり「無上の幸福」を拒絶するような思考や気持ちは手放し、幸せがただ当たり前のように流れてくることを「許可しよう」。というのが、

「宇宙の無上の幸福が私に流れるのを許可します」という言葉の意味。

 

自分は「幸福」に値すると思っているか?

よく、宝くじに当たった人の多くは人生を破滅させる、と言われている。

それは自分の自己認識が「しあわせなお金持ち」でないと、ギャンブルでお金を喪って、「お金がない」という自己認識に現実を合わせてしまったり、もしくは「身分不相応のお金を手に入れてしまったから、その代償は何かで払わなくてはいけない」という自己認識から、病気や家族との別れなど、“不幸”を自ら作り出してしまうのだ、と。

 

「成功者は成功するまで続けたから、成功者になった」という言葉もあるけれど、「自分は成功する」という自己認識があれば、失敗しようと続けられる。

「自分は成功するに値しない」という自己認識なら、数回の失敗であきらめたり、万一成功を手に入れても、その機会をうまく活かすことができないで、「成功者」まではたどり着けない。

 

本当に、「自己認識」ってすごく大事。

上の例でも分かるように、日々の行動にも自己認識は大切だけど、きっともっと大きく影響するのは、思いがけない大きなラッキーを引き当てたときだろう。

 

ラッキーを引き当てるのは、ただの運かもしれない。

でもその運を生かせるかどうかは、やはり自己認識なんじゃないかな。

 

自己評価を高めるには

そして、自己認識(自己評価)を高めるためには、やはりコツコツ、頭の中のつっこみを消していくことしかない。

スピリチュアルな世界では「ブロック解除」とか色々あるみたいだし、運よくブロック解除系のカウンセラー(?)が身近にいたら、そういう人に相談してみてもいいかもしれないけれど、でも、そういう特別なことをやらなくても、否定的な声が聞こえるたび、「あ、頭の中で否定的な声が聞こえる。でも、それはただのエゴキンマンの声だ。無視しよう」と、否定的なことを考えるのをやめるだけで、自己評価は上がっていく。

そして、「自分は〇〇だからダメだ」という根強い思い込みも、次第に薄くなってくる。

 

本当、大事なのは、否定的な声が自分の声ではないと切り離すこと。

 

あと否定的な感情も、感じる度に「今、〇〇(悲しみ、怒りなど)を感じているな」と認識し、それを見つめて、それは自分のものではないと手放していくことで、薄まっていく。

頭ごなしに、「悲しんじゃダメだ」「怒っちゃダメだ」ではなく、悲しみや怒りなど否定的な感情があることを認め、しっかり見つめたり、味わった後に、「さようなら」と空に放ったり、体の奥のマグマで溶かしたりするイメージ。

 

本来私たちは肯定的なものでできた、軽やかな存在という認識をスタート地点にすれば、否定的なものを「自分のものではない」と手放していくのはたやすい。(ま、根深いから、手放してもすぐ出てくるけどね。でも、出てきたら、また手放す。ただその繰り返し)

 

だからやっぱり、自分はソースの一部であるという安心感の中にいられる時間を増やすことはとても大事だ。

難しく考えず、ただ力を抜いて、本来の自分に「戻る」だけで、私たちは「無上の幸福」を手に入れられる。

※そのために、前回の記事の最後に貼りつけた瞑想を聴いたり、好みの音楽を聴いてリラックスしたりする時間を作ってみてね♪

 

HTL日めくりカレンダー

★無料ダウンロードと動画★

-Well Beingの実践
-,

© 2021 凪 Powered by AFFINGER5